後ろ手縛り

↓キーワード入力↓

後ろ手縛りとは、緊縛の基本中の基本の縛り方。
やり方手順
まず女性(男性)に自分から後ろ手に組ませます。
この際、組んだ両腕が腰より上で平行になるようにするのが基本。
体の柔らかい人は後ろに組んだ手がX(バッテン)の形になるのだが、この状態を高手小手と言う。
両腕が高手小手になればなるほど緊縛度はアップして行くが、
体が硬い人に無理矢理高手小手にしようとすると筋を痛めたり、関節をはずしたりする恐れがあるので注意!。
次に、平行になっている両手首に麻縄を巻きつけていきます。
両手首と麻縄の間に指が1、2本入るぐらいの余裕を持たせてから縛る事。
両手首を縛った後は、縄を前に回し胸の上に二巻きして、しっかりと縄止めをする。
続いて、2本目の縄頭を後ろ手の縄に縛り、今度は胸の下に二巻きする。
軽く縄止めした後、脇の下の上から下に縄を通し後ろに引き胸の下の縄をぎゅっと締め付ける。
反対側の胸下縄も同じようにしてぎゅっと締め付け後ろで縄止めをしっかりして、後ろ手縛りの完成です。
mojimaru4be5b40e9d1d0.JPG

ラバー特集

[SM用語大辞典][全用語一覧]
mojimaru4be5b656e9ac6.JPG

- mono space -